Q&A

株式情報|事業|法律関連

株式情報

Finisar 株式の取引市場とそのティッカーシンボルは何ですか?

Finisar の普通株式は NASDAQ Global Select Market で取引されており、ティッカーシンボルは FNSR です。

Finisar では、投資家向けに直接購入プランを用意していますか?

いいえ、Finisar では投資家の方向けの直接株式購入プランをご用意していません。Finisar 株式は、株式仲買人や仲買業務を行っている金融機関から売買することができます。

Finisar の株式公開日はいつですか?

Finisar は1999年11月11日に株式を公開しました。

Finisar は配当金を支払っていますか?

Finisar の普通株式に対する配当金はお支払いする予定はありません。

株式名義書換代理人は誰ですか?

当社の株式名義書換代理人は American Stock Transfer(www.amstock.com または 1-800-937-5449)です。

郵送先住所の変更はどのように行ったらいいですか?

現在の郵送先住所を変更する場合は、American Stock Transfer and Trust Company(www.amstock.com または 1-800-937-5449)までご連絡ください。

株券が紛失または盗難にあった場合はどうしたらいいですか?

American Stock Transfer and Trust Company(www.amstock.com または 1-800-937-5449)までご連絡の上、株券再発行手続きを行ってください。

事業

Finisar の所在地と従業員数を教えてください。

Finisar の本社はカリフォルニア州サニーベールにあり、主な製造施設はマレーシアのイポーと中国の上海および無錫にあります。Finisar はデータ通信アプリケーション用 VCSEL レーザーをテキサス州アレンで製造し、長距離データ通信および電気通信アプリケーション用 DFB および FP レーザーの製造工場をカリフォルニア州フリーモントで操業し、主にテレコムアプリケーション用波長可変 XFP トランシーバで使用される波長可変レーザーの製造工場をスウェーデンの Jarfalla で操業しています。また製造施設と研究開発施設が、米国のペンシルベニア州ホーシャムをはじめ、オーストラリア、ドイツ、イスラエル、韓国、シンガポールにあります。社員数は全世界で約13,000名です。

どの分野で Finisar は競合していますか?

Finisar は、データ通信およびテレコムアプリケーション用オプティカルコンポーネントとサブシステムの業界でもっとも幅広い製品ポートフォリオを、OEM 企業様にご提供しています。

Finisar が競合している市場の規模は?

業界の分析を行う Ovum 社によると、2015暦年のオプティカル コンポーネントとサブシステムの有効市場規模は、76億ドルと予想されています。Finisar のオプティカルコンポーネントとサブシステムの市場シェアは、2004暦年の約9%から2014暦年約17%へと成長し、現在では第一位となっています。

この業種で重要な成長要因は何ですか?

Finisar の売り上げは、主にビデオ、写真、デジタル情報の流通と使用の増加に基づく帯域幅の増加と需要の伸びによって支えられています。また、ひとつの重要なトレンドは、長時間のメッシュ接続の増加により、データセンターが拡大していることです。これにより、データセンターでのオプティカルコンテンツが増加し、Finisar 製品に多くの機会が創造されているのです。

同業種の競合会社にはどのような企業がありますか?

Finisar の競合他社には、Avago、CoAdna、Lumentum、Oclaro、Oplink、住友電工が主に挙げられます。

Finisar はそうした競合会社とどのように差別化を図っているのですか?

Finisar は、産業界の電気通信用オプティカルコンポーネントとサブシステムのもっとも幅広い製品ポートフォリオを提出しています。また Finisar は、垂直統合型メーカーでもあります。当社はまた、データ通信アプリケーションで使用する VCSEL レーザーの自社需要の全部と、電気通信アプリケーションで使用する長距離レーザーの自社需要の大半を満たしています。自社の量産アプリケーションで使用する IC の大部分も設計し、製品コストの削減を図るために社外で製造しており、チップの専門サプライヤーに依存していてはとうてい追いつけないようなスピードで製品に導入しています。また、外注メーカーを利用するのではなく、社内で持つ製造施設でオプティカル製品を組み立て試験する企業は、Finisar も含めわずか数社しかありません。これによって、保有する知的財産への接触を制限すると同時に、顧客からの増産依頼にも素早く対応することができます。

Finisar 製品の主要顧客にはどのような企業がありますか?

弊社のデータ通信および電気通信製品の主なお客様としては、Alcatel-Lucent、Brocade、Ciena、Cisco Systems、EMC、Emulex、Ericsson、富士通、Hewlett-Packard Company、Huawei、IBM、Juniper、Nokia-Siemens、Qlogic、Tellabs などの OEM 企業様が挙げられます。そしてこれらの各社はその製品を、その他の企業や電気通信サービスプロバイダ各社に販売しています。

Finisar は製品をどの地域で販売していますか?

当社は、主要な顧客の海外委託製造業者に製品を販売することが多々あるため、こうした点をあまり重要視していません。そのため海外の顧客は、実際よりも当社収益の大きな部分を占めています。弊社のお客様である OEM 各社は世界中に製品を販売しています。

Finisar が合併吸収に関わったことはありますか?

Finisar は株式公開以来およそ16件の光学関連取引を実施しています。こうした合併吸収は、当社の製品ラインアップを拡大すること、そして製品コストの削減と新製品開発の加速化を図るために、自社製品の鍵となるコンポーネントを社内で生産する垂直統合型ビジネスモデルを導入することを主な目的として行われました。

法律関連

Finisar が法人化した年と州を教えてください。

Finisar は1988年に California 州で法人化され、1999年9月1日には Delaware 州で再法人化されました。

Finisar の事業年度の開始日と終了日はいつですか?

Finisar では、事業年度の開始日を5月1日、終了日を4月 30日として、財務記録を取っています。最新10-Kで日付を確認してください。

四半期会計期間の末日はいつですか?

13週四半期は日曜日を末日としています。