赤外線を使用した測定、センシング、環境統制

タッチスクリーン機能を備えたタブレットなどの携帯機器の普及により、スクリーンに触れたり指の動きを読み取るジェスチャー認識機能は、ユーザーインターフェースの一機能として消費者に広く認識されています。しかしながら、3D センシングはこれを遥かに上回る可能性を秘めています。

目に見えない赤外線を光エレメントで送信 (赤外線を構造化されたパターンまたは光のシートに広げて) することで、部屋全体の立体情報をシステムで得ることができます。これにより、プレーヤーがゲームまたは娯楽施設全体をジェスチャーでコントロールすることができるようになります。未来の携帯機器では、被写体の感知、イメージの立体データの取得、または機器のカメラが捕らえた実際情報を向上させるなどのカメラの追加機能を、3D センシング技術で実現することができます。

Finisar の垂直共振器面発光 (VCSEL) レーザー技術は、低コストな光学効率を優れたコストパフォーマンスで実現します。VCSEL は、温度に対する波長安定性を提供し、方向性を集光させて出力効率を最大限に引き上げます。集光されたコヒーレント光により、VCSEL は類似の LED の10倍の効率を提供します。Finisar 技術は他の光エレメント、光ドライバー、制御ロジックをすべて同じパッケージで統合することができ、ジェスチャーおよび 3D センシングを利用する顧客のニーズにお応えしています。さらに、Finisar のコンポーネントでは、特定のアプリケーションでの精度、出力、サイズ、パッケージ、コスト抑制に適用させたカスタマイズも可能です。