ケーブルテレビ統括運営会社 (MSO) 向けの
革新的な光ファイバーソリューション

消費者は、1Gbpsのデータサービスなど、より多くのコンテンツを自宅で利用することを求めています。小規模のビジネスでも、より高いデータレートや高い信頼性が求められています。ケーブルテレビ統括運営会社 (MSO) は、これらのニーズに応えるため、限られた光ファイバーでのアクセスネットワークの帯域幅を拡大しなければなりません。これによりヘッドエンドとハブは多くの機器で混雑するため、MSOは環境活動でのイニシアチブとして低消費電力化への取り組みを始めました。Finisar は、混成光ファイバー・同軸ケーブル (HFC) ネットワーク、パッシブ光ネットワーク (PON)、アクティブイーサネット向けに光ファイバーソリューションを提供し、ネットワーク容量の拡大、省スペース化 、省エネルギー化を実現します。

Finisar の波長可変 DWDM、全波長域 DOCSIS 3.1 トランスミッターは、限られた光ファイバーによる MSO の HFC ネットワークを区分することができ、運用コストを削減して柔軟性のある波長を提供します。これらのスモールフォームファクター、プラガブルモジュールは、収束ケーブル・アクセス・プラットホーム (CCAP) 装置にインストールできるため、事業者による省スペース化と省エネルギーを可能にします。

さらに、Finisar は、RF-over-Glass、EPON、GPON、10G PON 向けの光ソリューションも提供しています。PON ONU プラガブルトランシーバーは、イーサネット (DPOE) による DOCSIS の提供が認証されており、MSO が柔軟性のある PON またはアクティブ・イーサネットを商業サービス向けに提供できるようになります。