データアプリケーション向け最適化光ファイバーソリューション

データセンターを巡る状況は急速に変化しています。 ブロードバンド化への投資が活発になり、帯域幅の拡大、省エネルギーおよび遠距離化のニーズに対応するための新しい光モジュールへの需要が増大しています。現在これまでに例を見ない数の光ファイバーが展開されています。 10Gb/s以上のデータレートは、今やデータセンターの標準となり、これは銅線による電気配線の容量を大幅に超過しています。 データセンター市場では、幅広い光ファイバーモジュール製品によるサーバー、スイッチ、ストレージへの接続需要が高まっています。

マルチモード・ファイバー (MMF) は、300mまでの主要データセンターの接続展開で、障害のない低コスト、省エネルギー接続を実現します。アクティブケーブルは、20m以内の短距離インターフェースの低コスト接続を実現します。 Finisar の VCSEL 技術が、現在のデータセンターのニーズに対応できる信頼性と性能を兼ね備えていることが、1億7500万台の機器を出荷した事実により証明されています。

シングルモード・ファイバー (SMF) が必要とされる長距離接続では、Finisar は業界の革新的なリーダーとしての地位を確立しており、幅広い製品ラインアップを取り揃えています。これらの光ファイバーソリューションは、データセンター内でのアプリケーション、データセンター間の長距離通信に適しています。 これらの製品は、10Gイーサネット、40Gイーサネット、100Gイーサネット (2-10kmから 80kmまで) を SFP+、QSFP+、QSFP28、CFP/CFP2/CFP4、X2、XFP のフォームファクターで提供されています。

データセンターインフラストラクチャーでは、消費者および事業者のクラウドサービスへのニーズに応えるため、急速な拡張を実施しています。急激な需要の増加に対応するためには、品質と信頼性を妥協することなく量産を実現できるサプライヤーが必要となります。 Finisar は光相互接続を提供してデータセンターのニーズに応えるお手伝いをします。