幅広い製品ラインアップでモバイル帯域幅の急速な拡大を実現

世界中でスマートフォン需要が高まる中、モバイル帯域幅の需要も爆発的に拡大しています。ワイヤレス事業者は、この市場傾向の急速な発展に歩調を合わせようと、ネットワークを3G、4G/LTE、そして5Gへと懸命にアップグレードしています。 これらのアップグレードには、新しい無線技術と RF 技術を必要とするだけでなく、それに伴うネットワーク インフラストラクチャーを銅線ベースのアーキテクチャから光トランスミッションへと移行させなければなりません。ワイヤレスネットワークでは、ベースステーションから離れたロケーションにアンテナを導入する流れが拡大しており、これによりワイヤレスネットワークのフロントホールに当たる光トランシーバーの新しい市場が拡大しています。 さらに、ワイヤレス バックホール向けに帯域幅を拡大するということは、ワイヤレスネットワークにおける光ファイバーの需要を押し上げることに繋がります。

Finisar は、ワイヤレス インフラストラクチャー アプリケーション向けの光トランシーバー製品を幅広く提供しています。 ベースステーションからのアンテナ接続用屋外アプリケーション向けに CPRI (共通の公衆無線インターフェース) モジュールの幅広い製品ラインアップを取り揃えています (例: 産業用温度 -40~85°C)。これらのモジュールには WDM および1芯双方向モジュール (BiDi) を含み、データレートは、2.5Gb/sから10Gb/s、伝送距離はマルチモードファイバー (MMF) では300m、シングルモードファイバー (SMF)では 40kmにおよびます。 さらに、Finisar はワイヤレス バックホール アプリケーション向けに、ファスト・イーサネット、SONET/SDH OC-3/STM-1 から OC-48/STM-16、ギガビットイーサネット、10ギガビットイーサネットを提供しています。