回折光学素子(DOE)

Finisar は業界向け・消費者向け用途の厳しい要件に対応した回折光学素子(DOE)をお届けします。DOE はリソグラフィーによりパターン化されており、光の屈折による制限なしに、伝達光の完全な位相コントロールを提供します。ミクロン単位の厚さを有するアクティブ位相変換層は、丈夫な石英ガラス基板上の化学的不活性誘電体に直接エッチングされています。有機物を含まない材料プラットフォームであるため、優れた信頼性を特徴とし、厳しい環境条件と高倍率、500°Cまでの高温に耐えることができます。Finisar DOE は徹底した品質管理のもと、実証済みの信頼性トラックレコードを有し、競争力のある価格設定になっています。

堅牢な深紫外線(DUV)光リソグラフィーと反応性イオンエッチングプロセスにより製造されています。ウエハスケールの DOE 光学素子が、エレクトロニクス IC 業界の堅牢な量産技法を用いて大量生産され、年間何百万個ものマイクロ光学デバイス生産に容易にスケール拡大できます。

この方法は、スタンドアロンまたはアレイ部品として、高性能フラットレンズやディフューザー、構造化光スプリッター、位相プレート、ビームスプリッター、パターンジェネレーター、コンピューター生成ホログラムの製造に適しています。最小部品サイズに制限はなく、マイクロ光学部品の製造に理想的です。コリメーションやビームスプリッティングなどの複数の光学機能を単一の光学表面に実装することができます。

このアプローチは更に、ビーム形成やアクティブ層(光源や検出器を含む)に使用される受動光学層のハイブリッドにも利用でき、オプトエレクトロニクスの光学エンジンを堅牢かつ良好なコスト効率で実装できます。

Finisar は OEM 顧客各社と協力し合い、Finisar 回折光学素子に基づいた、他に例のない光学ソリューションをお届けします。詳しくは diffractiveopticsfinisar.com までお問い合わせください。